エクセル2013を購入する方法をお探しですね。

広告

エクセル2013は販売が終わっている

エクセル2013の販売サイトを探したのですが、見つける事はできませんでした。
中古品であれば可能性はありますが、パッケージ版とはいえ、インストール時にマイクロソフトのサイトからソフトをダウンロードする必要があり、今でもインストールができるかどうかはやってみなければわかりません。

今買うならOffice2019かOffice365

不安を抱えて古いOfficeを購入するより、最新版のOffice2019やOffice365を購入した方がトラブルは少ないと思います。

Office2019はWindows10で長く使う覚悟のできている人に

Office2019はWindows10のみ対応で、永久にライセンスが続くというのがメリットです。
現実はサポートが2025年10月14日に終了するので、その後はバージョンアップしたくなる人が増えると思います。
サポートが終わってもソフトは動作すると思うので、その頃ソフトを買えないぐらい貧乏になっていても使い続ける事ができるでしょう。
私も永続という言葉で買いました。
Officeソフトは2000年と2010年といったように、10年ごとに名作が出るようなのでOffice2020を買うつもりだったのですが、出ないみたいなので2010のサポートが切れる時点の最新版である2019を選びました。
2019の次は2022なのかもしれませんが、サポート期間のことを考えると出るかどうかはわからないです。
2016と2019が同じサポート期限なので2022も同じになるかもしれません。
そうすると何年も使えないという事になってしまいます。
2010を使っていた人は、そろそろ新しい製品を使ってみたくなる頃ではあるのでしょうけど。

Office365は常に最新版を使いたい人に

Office365はサブスクリプションのソフトです。
月額料金と年間料金のどちらかを選んで契約します。
契約が続いている限り最新版のOfficeを使う事ができます。
5台までインストールする事ができます。
Windows7/8.1/10に対応しています。
使いたい期間だけ契約する事ができます。
永続版ライセンスの製品が無くなると、みんながこれを選択するのでしょう。
今からそれに慣らしたい人にも、メリットはあるかもしれません。
あと法人で必要ライセンス数が頻繁に変わってしまう場所でも有効かもしれません。

広告